初めてのMNPでの稼ぎ方のまとめ!

副業としてのスロットはどうなのか?向いている人・向いていない人を私なりに考えてみた。

副業としてのスロットはどうなのか?向いている人・向いていない人を私なりに考えてみた。

けーじぇいです!11月11日にのいい買い物の日の成果はどうでしたか?わたしはアクセスが集中してつながりにくかった影響でそこまでの成果はあげれませんでした…。悔しいですが、切り替えていきます。

さて、最近話題に上げなかったスロットの話ですが、今日はちょっと趣旨をかえて、スロットを副業で稼ぐと捉えたときに向いている人、向いていない人を私なりに考えてみました。スロットに興味ない人、既に打ち込んでいる人、様々な人がいると思いますが、私なりの意見述べていきます。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

私は25才くらいの時にスロットで稼ぐことを意識するようになった。

ちょっと私の過去の話になるのですが、わたしは大学を卒業してからフリーターみたいな感じで働いていました。
その時からある程度スロットは適当に打たず、期待値と言われるものを意識していました。期待値とは、天井があるスロット台(例えば1000ゲームとする)を、一定のゲーム数から打てばいくら勝てる?という値が存在しており、その値がきっちり+の値からスロットを打てば、理論上まけることはないという感じなんです。わたしは期待値が時給で換算すると2000円のライン以上の台を打つことを当時から心がけていました。理由はただ一つです。お金が欲しかったからです(笑)
このラインを守れば、きっちり収支を付ければわかりますが、働きながらでも当時から最低年間100万円以上は勝てました。この時が人生で今以上にお金に良くも悪くも執着していたかもしれません…。
しかしふと疑問に思う方もいらっしゃると思います。この期待値というのは、コンビニでスロットの雑誌を読んだり、ネットを調べれば簡単に出てきます。それなのに多分パチンコ・スロットを打っている方は大体負けていると思います。この疑問には私なりに昔から答えがあります。

スロット・パチンコで負けているひとは好きだから勝てない!

そうなんです。スロット・パチンコが好きだから勝てないんです。このブログを読んでいる方は、私のことスロット好きだから副業にしていると思っている方も多いと思います。これは違います。

私スロット全然好きではありません!

パチンコ・スロット好きな人申し訳ございません。私はスロット全然好きじゃないんですよ…。そもそもスロットとの出会いを話すと、まだ大学生の時の話なんですが、友達の家でパチンコ雑誌がおいてあったのでふと目をとおすと…。

これ、データの裏付けないことばっかりいっている…。
よくこれで本にできるな…。

と思ったんですよ…。そうなんです。パチンコ雑誌の中には、雑誌の記事を書いているライターが、裏付けも何もない情報を言ってたりするのが多いんですよ。
たとえば、○○の機種は時短即やめ台があつい。とか、700~800の回転数が熱いとか、何の裏付けもないこと書いてあるんですよね。まだ、スロット・パチンコまったく打ってなくてもわかるうさん臭さだったんですよ…。なので、

 

パチンコは絶対打たない!

と当時強くおもいました。

 

しかしスロット雑誌を読んで考え方が変わった。

しかしパチンコ雑誌を読んだ1カ月後、今度はスロット雑誌を読む機会がありました。その時の衝撃は今でも覚えております。パチンコ雑誌と違い、スロット雑誌はメーカーが発表した機種の解析をもとに、様々な勝ち方をのせておりました。それはオカルトでもなんでもなく、すべて確率に基づいた情報ということが初心者の私でもわかりました。
わたしが打ち始めた当時は、北斗・吉宗全盛期ですが、そのうらで、数々のストック機と言われるものがあり、多種多様なシステムの台がありました。設定変更すれば、128ゲーム以内に50パーセントでボーナスが当たる。とか、レギュラー後は絶対256ゲームまであたる。というような、パチンコとは違い、さまざまな攻略が考えられる台がありました。なので、

スロットかてるんじゃね?

と思いはじめたのがスロットを打ち始めるきっかけでした。なので私のなかでスロット=勝つために打つであり、けっしてスロット=楽しいものではなかったんです。それが私の根底にあります。でもこれが非常に大事だと思います。

 

なぜスロット好きだと勝てないのか?

スロット好きな人はもちろん期待値の概念わかっているのに、それなのに全然勝てていない人多いと思います。その理由はスロットが好きだから、期待値・設定が期待できない台をついつい打ってしまうことにあると思います。ほかにも友達がスロット打ってたらついつい隣で、勝てそうもない台を打ち始めたりすることもあると思います。
こうゆうのが私には一切ないです。友達付き合い悪く思われようが、私はスロットで勝つことがすべてです。楽しみはいりません。
結論を言うと、スロットが好きなのであれば、スロットで勝つことは私の経験上難しいと思います。どうしても楽しみたい。と言う気持ちを優先してしまい、冷静な立ち回りができなくなってしますからです。そもそもスロットは普通に打てば店がどうやっても勝つようになっているんですよ、パチンコ店の店舗維持費・人件費等どれもすごく高いですからね…。冷静さを失えばまけてしまいます。

でもスロットには感謝している。

わたしはスロットは好きではないですが、スロットには感謝しています。はじめて副業という言葉を意識できたのが、スロットでしたし、そしてお金がなかった時の支えがスロットでしたから。決してスロット業界を悪く言うつもりはありません。今はあまり打ちにいけていませんが、スロットは副業としては、難易度・手軽さといい、非常に優秀な副業です。ただそこに好きという気持ちが入ると、一気に身を滅ぼします。絶対にお金を稼いでやるんだ!という強い意志さえあれば、問題ないと思います。

今現在のスロットの状況はどうなのか?

2019年11月は、5号機から6号機への過渡期と言うことで、非常にめまぐるしく動いている状況です。私の地元だけかもしれませんが、天井狙いのハイエナの方が減っているように感じます。しかし6号機はきっちり天井付きの台が多いです。なので実はねらい目なのではないかと思います。最近は私もポイ活・携帯乞食のネタしかあげていなかったので、スロットでも少しでも有益なネタを提供していきたいと思います!

結論・スロットで稼ぎたかったらスロットを好きになるな!

これにつきます。好きになってはダメです。キャバクラの女の子みたいなもんですかね?(笑)
好きで稼いでいる人もいますが、稼いでいる多くの方は、仕事と同じ気分でスロット打っていると思います。これからスロットも副業に取り入れたい人は、好きになっちゃだめですよ!



けーじぇい
底辺の運送屋
けーじぇい

底辺の運送屋です。今の生活を少しでも豊かにするために、日々儲けそうな話に手をだしています。現在は携帯電話のMNPでのお小遣い稼ぎ、キャッシュレスポイント還元等に広く浅く手を出しています。

けーじぇいをフォローする
雑記
スポンサーリンク
この記事を興味もちましたらシェアしてください!
底辺からの副業~携帯乞食とお小遣い稼ぎ!~

コメント

  1. 梨くん より:

    記事面白かったです、自分も昔ネトゲ俳人だったころに
    廃人というかずっとゲーム内でただ質屋みたいなことしてるだけになってました
    ゲーム好きというかただお金を増やすだけ考えるみたいになっていってましたね
    その流れは今もちょっと活きてるとおもいます、増やすことに興味なければここにも行きつきませんしね
    そんな感じでなんか思うところがありました、ちなみにパチスロほぼしません

    • けーじぇい けーじぇい より:

      梨さん。梨さんもそうゆう時期あったんですね。リアルマネートレードというやつですかね?
      近い感覚あると思います!私もスロットからいろいろ副業という概念にたどりついた感じですね?
      今は同じ土俵で頑張っていきましょう!