初めてのMNPでの稼ぎ方のまとめ!

コインチェック復活!

仮想通貨の凋落

kjです。久々の仮想通貨話題ですね。11月になってもたいして動きはないのですが久々の朗報ですかね。
今年の頭に騒がしたコインチェックが新規受付と一部のアルトコインの取引が再開したそうです。

スポンサーリンク

コインチェックの事件とは?

今年の1月26日に580億円という仮想通貨(NEM)がハッキングによる盗まれる事件が発生しました。
仮想通貨史上最高ではなく、歴史上の盗難事件でも最大の被害になりました。
2014年にはマウントゴックス社が75万ビットコイン(当時のレートで480億円)と現金28億円がハッキングされる事件がありました。
よくゴックスされたみたいな言葉を使われる時があります。(仮想通貨を盗まれたとき)その語源になった事件です。
そのマウントゴックス事件を上回る事件が起きた訳ですね。

なぜハッキングされたのか?

一番の理由はずさんな仮想通貨の管理と言われています。
もししっかり管理されている仮想通貨取引所でしたら、ホットウォレットコールドウォレットという2つの管理の仕方で管理するのが推奨されています。
どうゆうことかというと、ホットウォレットは常時ネットに接続されている状態で仮想通貨を管理しているイメージで、コールドウォレットはネットから遮断されている状態で管理しているイメージですね。
それがコインチェックではホットウォレットだけでNEMが管理されている状態でした。ネットに常時接続されている状態で管理されているイコールセキュリティー的には危険な状態です。
他にもマルチシグという仮想通貨を送金する際の秘密鍵を複数必要とするシステムも、コインチェックのNEMにたいしては採用されてなかったというのも問題の一つでしたみたいですね。
一番の問題は2017年の後半からの仮想通貨取引量の増大で、社内の人間が全然足りなかったっていう問題がありました。
そして一体だれが何の役職なのかも全然わからなかったそうです(監査が入ったとき)

ハッキング後

580億円という金額の保証をどうするのか?と言われていましたが、コインチェックは全額返す!と言いました。
絶対に無理だと言われましたが、コインチェックは取引の際の手数料がめちゃくちゃ高いんですよね。
初心者向けに買いやすいような画面なので、すごい使いやすい取引所といわれていました。
しかしその反面めちゃくちゃ高いスプレット(手数料)をとってたんですよ。
だから580億円という金額も返せるだけのお金を蓄えてたんですよね。(相場の変動で結局460億円)

マネックスグループに買収

しかし結局マネックスと言うFXを扱う会社に買収されてしまいました。
私はFXは詳しくないのですが有名な取引所みたいですね…。

そして再開へ

6月や8月に再開といわれていましたが、おそらく金融庁の許可やその間に起きたザイフのハッキング事件なので延び延びになって、


10月30日に新規受付の開始と一部アルトコインの入金、購入が可能になりました。
業界全体でもよいことだと思います。

最後に

このブログを書いてる11月7日現在、仮想通貨全般があがり傾向にあります。
去年みたいなバブルはちょっと考えにくいですが、少しでも盛り上がってkjも利益を出したいものです。(切なる願い(笑))

 



けーじぇい
底辺の運送屋
けーじぇい

底辺の運送屋です。今の生活を少しでも豊かにするために、日々儲けそうな話に手をだしています。現在は携帯乞食、switch転売、スロットハイエナ、仮想通貨に広く浅く手を出しています。

けーじぇいをフォローする
仮想通貨
スポンサーリンク
この記事を興味もちましたらシェアしてください!
底辺からの副業~携帯乞食とお小遣い稼ぎ!~

コメント