初めてのMNPでの稼ぎ方のまとめ!

退職時に職場やグループにLINEで挨拶をするべき?例文や非常識かどうか解説

スポンサーリンク

退職時にLINEで挨拶や退職の連絡をしてもいい?

アルバイトでも、正社員でも多くの人に退職する時は必ず訪れます。その退職する時になってみて大変だと分かるのが退職時の挨拶だと思います。

電話、メール、手紙など旧来の方法は勿論ですが現在ではLINEやTwitterなどSNSも相手にメッセージを伝える有効な手段として地位を確立しています。

・LINEやTwitterでこのような退職の挨拶や連絡をするのは非常識なのか?

・LINEなどで挨拶をしてもいいのか?

・グループなどを抜けるタイミングはどうするべきなのか。

このような疑問に対して私の経験談を踏まえて解説していきます。

上記に紹介されている、電話など旧来の連絡手段では特にメッセージの伝え方などで悩むこともあまりなかったのではないかと思います。

しかし、近年は仕事でもLINEなどと言ったSNSが利用されておりLINEで挨拶など連絡をする方が便利だと考える人も増えてきています

ここでは、LINEで退職の挨拶や連絡などをするのは非常識なのかといった悩みにお答えします。

極力直接退職の意思を伝えるところから最後の挨拶までした方がいい

可能なら退職の挨拶や意向は直接伝えよう

後述するように時代が変わっているのも事実ですが、やはり退職する事を伝えたり退職時の挨拶は直接職場で伝える事が大切です。

今まで、普通に会って一緒に仕事をしてきた人に突然LINEで退職の意向を伝えたり退職したことを伝えるのは場合によっては失礼ですし、直接会ってた時にそのことをい知らない人は残念な気持ちになったりします。

LINEは気軽に伝えることができますが、退職の手続きや挨拶した後の事を考えて円滑に進めるためにはやはり直接意向を伝えたり、退職の事実を話しておくのが最善なのは変わらないと思います。

やむを得ない事情や携帯の普及により徐々に浸透してはいる

ひと昔前はそもそもLINEやTwitterといったSNS自体が普及しておらず、直接挨拶をする以外には電話をするなどしか方法がなかったため問題になりませんでしたが、今は携帯電話が普及し考え方も連絡の方法も変わってきています。

連絡をするためのハードルが下がり、誰にでも簡単に連絡ができる時代になったため挨拶をするとしたら多くの人にすることになると思いますが、今時すべての人に電話したり直接会ったりはあまり現実的ではありません。

相手にも都合がありますし、必ず直接挨拶する時間があるとも限りません。

そういった時はLINEで退職の挨拶をしたくなるのは普通のことです。

ここでは、退職する時にLINEなどのSNSで挨拶をする場合に気を付けることやその文章例を紹介していきます。

退職の連絡をするのが面倒だったり、退職の連絡をしにくい場合は退職代行サービスもあります。

合同労働組合が運営する安心で確実かつ低価格な退職代行【退職代行ガーディアン】
29,800円で退職に関する事をお任せできる退職代行サービスです!
申し込みは全国どこからでもLINEで対応が可能!

東京都労働委員会認証の法人格を有する合同労働組合なので安心して任せられます。


 

退職に使えるLINEでの挨拶の例文を紹介します!

ここからはアルバイトや正社員で退職する時に使えるLINEでの挨拶例文を紹介していきます。

LINEで退職の挨拶をするといっても今まで使っていたようなメールの文章で基本的には大丈夫です。LINEで退職の挨拶をするからといって、何か特別なマナーがあるわけではありません。

なので、このサイトのでもいいですし他のサイトなどで使われている退職挨拶の例文をそのままコピペして送っても問題はありません。

 

退職する時に職場の上司などにLINEでの挨拶例文

アルバイトなどで店長や上司に退職の挨拶をする場合の例文をここでは紹介していきます。

お世話になっております。このたび、一身上の都合により3月末で退社する事となり、本日が最後の出社日となりました。
本来であれば直接お会いしてご挨拶すべきところですが、LINEのメッセージでの挨拶になり失礼いたします。○○店長には当初から仕事の中でも他の分野でもお世話になり、大変多くのことを学ばせていただきました。
これまでに、私の成長のために様々なお言葉をいただいたこと、今でも覚えています。この在職中を通じて至らぬ点も多くあったと存じますが、大変お世話になりました。今後も○○店長からご指導いただいたことを活かしていきたいと思っております。

これは自分が直接接点があり、お世話になった上司(アルバイトの店長など)を念頭にした文面なので特にあまり接点がなかったりお世話になってわけでもない人の場合はそれに関する文章を抜いて、退職の挨拶だけでいいと思います。

会社内のLINEグループにおける退職時の挨拶例文

こちらでは、会社内でのLINEグループにおける退職挨拶の例文を紹介していきます。

LINEグループは長文にあまり向いていないのは使っている人なら誰にでもわかるかと思いますので、メールのように長文にせず短文で簡潔にみんなに退職の挨拶が伝わるようにしましょう。

お世話になっております。本来であれば直接の場で皆様にご挨拶をするべきところ、グループLINEでの挨拶失礼いたします。

このたび、一身上の都合により〇月〇日付けで退職することとなりました。

在職中、皆様と一緒に仕事をする事で様々な学びを得ることができました。心から感謝しています。

今後も皆様のさらなるご活躍を心よりお祈り申し上げます。

これまで大変お世話になりました。

同じ職場で一緒に仕事が出来てよかったといった思いをグループLINEの皆さんに伝えられるような退職挨拶にしましょう。

グループ内なので、個人間の関わりは様々だと思いますが特に個人的にもお世話になった人はグループでの挨拶の後に個別にLINEで退職挨拶のメッセージを送るとよりよいでしょう。

退職時の挨拶をLINEで無理にやる必要はありません

時代は変わっても一般的に直接挨拶した方が好感持てる事は多いです。

印象にも残りこちらの気持ちを直接伝えることができます。

退職後も職場の人とはどこでどのような形で再会するか分かりませんので、礼儀正しく丁寧な挨拶をするようにしましょう。

最低限気を付ければ細かく文章などを考えなくてもいい

退職時の挨拶でどんな文言を使っても結局のところ大して残る人の記憶には残っていないのが現実です。

読者の方の職場で今までに退職した人が挨拶でなんて言ってやめていったかなんて覚えていますか?

よほど印象に残っていれば覚えているかもしれませんが、覚えていないのが現実だと思います。

退職時の挨拶はさほど人もきにしてないとはいっても人間いつどこで会うかわかりませんから、失礼な形で挨拶したりしない限りさほど問題にはならないでしょう。

退職の挨拶の文章を考えるのに大きな時間をかけるのは無駄です。

退職時の挨拶文にそこまで労力をかけるのは無駄です。

退職時にLINEで職場やグループに挨拶をする事は必要なのか?

退職時にLINEで挨拶をする前提でその例文などを紹介していきましたが、そもそも退職時にLINEグループで挨拶をする事は必要なのでしょうか?

LINEグループを作っている会社や部署はそこそこあると思いますが、使用頻度は会社や部署でそれぞれでしょう。

LINEグループをほとんどつかっていなかったり、公式にはLINEでの連絡が禁止されている会社もありますので、普段社内で使われている連絡手段で連絡をするのが最も良い手段でしょう。

社内の連絡手段として度々コミュニケーションに使われているのであれば、LINEグループで退職の挨拶をするのは有効だと思います。

必ずしもLINEで挨拶をする必要はありませんし、上記で解説したように一番退職の挨拶でいい形なのは直接挨拶する事です。

退職時にLINEで挨拶をするタイミング

挨拶の文章を考えたらあとはそれをいつ伝えるのがベストなのか?

一週間前、前日、当日と選択肢はいくつかあるように思いますがこの中では当日が最も退職の挨拶をするタイミングとしては最適でしょう。

退職の挨拶をしてから職場で会うと不自然な感じになってしまうので。

ただ、最終出勤日に会わない人に関しては前日より前に伝えたりしてもいいでしょう。

挨拶の文章をLINEで送る時間帯はいつがいい?

LINEで退職の挨拶を送るのであれば、最も良いタイミングとしては最終出勤日の午後や退勤後となるでしょう。

LINEなのでいつ返信してもいい前提なのが一般的だとは思いますが、可能な限り返信しやすいタイミングでメッセージを送るよいでしょう。

退職時の挨拶後にLINEグループ退会タイミングはいつがいい?

退職の挨拶後に社内のLINEグループを退会するタイミングが気になる人もいると思います。

 

退会するタイミングは大きく分けると、「挨拶のメッセージを送ってすぐ退会」か「既読又は返信が来てから退会」に分かれると思いますが、ここではっきり言ってしまうと挨拶のメッセージを送ったらすぐにグループは退会した方がいいです。

まず、前提としていつ退会してもいいんですが社内のグループにいつまでも残り続けていると会社に残っている人から「いつ退会するのか」と思われてしまうこともあります。

特に返事を待つ必要もありませんし、それ以上のメッセージを送る必要もありません。

既読が付いてからLINEグループを退会するのはおすすめしない

どうしてもメッセージを送った後が気になるのであれば、LINEグループのメンバー全員の既読が付いてからでもいいと思ったりもしますが、LINEはいつまでも既読を付けない人がいます。

長々と退職後も残っているのはよくない事なので、次の日になっても既読が全員ついていないなら退会しましょう。

LINEで退職のメッセージを伝える事をあまり大きく考えなくていい

私は数か月前にこれを経験しましたが、退職時の挨拶をそこまで気にする必要はありません。

上記のように退職時の挨拶なんてよほどでなければ覚えてない事がほとんどでしょうし、気にしたところで何も生まれません。

退職時の挨拶は最低限失礼のないように済ませればそれでいいはずです。

私の経験上、そこまで細かく気にする必要はありません。

そもそもLINEで退職の挨拶をするのが必要かどうかも怪しいので深く考える必要はないのが結論でしょう。

退職の意思を伝えるための退職代行サービスもあります

まだ、退職する意思を職場に伝えていない人で上司が怖くて直接伝えるのは気が向かないといった場合や退職の意思を伝えたら上司が怒ったりして円滑に退職させてくれない場合は退職代行サービスもあります。

ここで紹介する退職代行サービスはどれもしっかりとした法律を守った運営元が行っているので安心して退職の意向を伝えるところか交渉や手続きに関する事まで任せる事ができます。

お金はかかってしまいますが、退職の意思を伝えにくい環境下にある方も一人で抱え込まずに退職代行サービスの利用をおすすめします。

労働組合が運営で低価格の退職代行を提供【退職代行ガーディアン】

合同労働組合が運営する安心で確実かつ低価格な退職代行【退職代行ガーディアン】
29,800円で退職に関する事をお任せできる退職代行サービスです!
申し込みは全国どこからでもLINEで対応が可能!

東京都労働委員会認証の法人格を有する合同労働組合なので安心して任せられます。

強み:簡単 (弁護士のような職務規定無い)、低費用(一般法人と同じ人件費水準)、確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


是非ご検討ください。

弁護士のサポートにより幅広い手続きを代行可能【退職代行NEXT】

こちらは弁護士が全面的にサポートする退職代行サービスで、「雇用契約の解除」といった法律上の手続きを合法に代行させることができます。

弁護士のサポートを受ける退職代行サービスなので退職の手続きのみならず、それらに関する未払い残業代、 有給取得や退職金を含む給与等の請求やトラブルについてもスムーズに対応を行うことが可能です。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!退職代行NEXT

ただ退職するだけで終わらなさそうな環境にいる方や弁護士に任せて綺麗に退職した先の事まで済ませたい方はこちらをお勧めします。


けーじぇい

底辺の運送屋です。今の生活を少しでも豊かにするために、日々儲けそうな話に手をだしています。現在は携帯電話のMNPでのお小遣い稼ぎ、キャッシュレスポイント還元等に広く浅く手を出しています。

けーじぇいをフォローする
退職
この記事を興味もちましたらシェアしてください!
底辺からの副業~携帯乞食・ポイ活からITエンジニアへ転職~

コメント