初めてのMNPでの稼ぎ方のまとめ!

職場でいじめられたら退職するべき理由!体壊してからでは遅い

職場で冷たい仕打ちを受けていて辛い、いじめを受けている。

そういった場合は身体を壊してしまいかねないので健康のためにすぐにでもやめるべきです。

ここでは、まさに職場でいじめを受けて精神的に困っている人のためにいじめられたら退職するべき理由を紹介しています。

職場でいじめを受けて退職するかどうか迷っている人はこの記事が退職の決意と転職の助けになればと思っています。

いじめられているとき、相談できる相手がいなくてもそれを一人で抱え込む必要はありません。転職先はいくらでもあります。

スポンサーリンク
  1. 職場でいじめをする人はどんな人か   大きく分けてみます
    1. 高圧的なパワハラ、モラハラタイプ
    2. 陰口や無視、嫌がらせなどの陰湿型
  2. なぜいじめをするのか?  いじめをする職場の人の気持ち
    1. 八つ当たり ストレス発散
    2. 自己顕示欲を満たしている
  3. 転職を検討する前に職場でいじめられた時の対処法  ここからkkk
    1. 職場の上司など管理職に相談する
    2. 退職または転職する
    3. 労働基準監督署など公的機関に相談する
    4. 部署異動を申請してみる
  4. いじめを受けたら転職すべき理由
    1. いじめられても話し合うで和解できる?
    2. 仕事のモチベーションが低下する=時間の無駄
    3. 不快でも争うのは時間の無駄
    4. 精神的・身体的にも良くない
    5. いじめで命を落とすことになってしまう可能性がある
  5. いじめやパワハラをしてきた相手に仕返しする方法
  6. 結論 いじめやパワハラを受けているなら退職・転職したほうがいい
  7. 退職の意思を伝えるための退職代行サービスもあります
    1. 労働組合が運営で低価格の退職代行を提供【退職代行ガーディアン】
    2. 弁護士のサポートにより幅広い手続きを代行可能【退職代行NEXT】
  8. 転職は人生の節目 転職してから後悔しないように万全の準備で臨みましょう
  9. おすすめ転職エージェント 全て登録無料!
    1. リクルートエージェント
    2. IT求人ナビ
    3. マイナビエージェント
    4. パソナキャリア
    5. dada

職場でいじめをする人はどんな人か   大きく分けてみます

学生時代からそうですが、いじめをする人は決まってみんな酷い人です。

高圧的なパワハラ、モラハラタイプ

とにかく騒ぎちらすタイプです。周りに他の人がいようがいなかろうが、机や物を叩く、理不尽に怒鳴り散らす、罵詈雑言、人格否定、暴言と何でもありのタイ、プで精神的に一方的な圧力をかけてこちらを追い詰めていくタイプです。

この何でも否定やパワハラタイプは体育会系と称する頭おかしい系に多く、今でも昔ほどでないにしろ残っています。

こちらが何を言っても聞かないと言うよりも聞く気が無ければ人の話を聞く頭を持ち合わせていないタイプなので、まともに応対しているとこちらが精神的に疲弊します。

これがかっこいいと思ってやっているのか、はたまたそれすら考えずに思いつきで怒鳴っている感情のコントロールができないお子様なのか。

自分の全てを否定されたり、これが原因でうつ病になってしまったりする事があるので本当にまともに相手をするのはやめましょう。

陰口や無視、嫌がらせなどの陰湿型

これは積極的に攻撃しているタイプではないため、やっている側もいじめだという自覚がない場合があります。

小学生の頃に無視するのもいじめだと習わなかったんですかね?

上記のような怒鳴り散らすのも大概ですが、こちらは無視するほかに自分の知らないところで陰口を他の人に触れ回っていたりするので尚更タチが悪いです。

陰口を触れ回って洗脳されてしまった人からも無視されたり陰口を言われるようになったりしてきます。

陰口を言う側は自分の行いを全て正当化してきますので、基本的に何を言ってもやっても無駄です。

ただでさえタチの悪い陰湿ないじめですが、下手なことをすると仕返しされたり仕事に支障をきたす可能性が高いので可能なら無視しましょう。

これ、いじめしている自覚が無い人もいるんですよね。

無視されるほかに陰で文句を言いまくっていたり、社内の連絡事項を伝えてくれなかったりするパターンがあります。

どのみち、陰湿ないじめであることに変わりはないので下手に言い返したり対応しないようにしましょう。

無視されたり、人格否定されたりと散々なパワハラなのは上記の共通事項です。

無視して耐えられるのならいいですが、我慢できなかったり、無視や連絡事項を伝えてくれないなどいじめの陰湿さ故に仕事に支障をきたしていたりしたら仕事をやめて転職を検討してもいいと思います。

合同労働組合が運営する安心で確実かつ低価格な退職代行【退職代行ガーディアン】
29,800円で退職に関する事をお任せできる退職代行サービスです!
申し込みは全国どこからでもLINEで対応が可能!

東京都労働委員会認証の法人格を有する合同労働組合なので安心して任せられます。


 

なぜいじめをするのか?  いじめをする職場の人の気持ち

八つ当たり ストレス発散

中には特に重要な理由や必要性もなくいじめをする事でストレス発散をしている例もあります。

その人がいじめを受けていたり、職場でパワハラを受けているがために自分よりも立場が下だと思っている人に同じことをしているパターンです。

そういう人も陰湿さの大小はあるでしょうが、いじめをしてくる人の例に漏れず幼稚な人です。

こうしたいじめは複数人で行われることもあり、その場合には必ず中心人物がおり、中心人物に目を付けられた人から始め次から次にいじめの標的を決めてどんどんいじめていきます。

自己顕示欲を満たしている

いじめをやることで自分が強いと思われたい、職場の中の人たちに対して自分の存在や地位をアピールしたいといった目的で他社をいじめたり傲慢に振舞っている事もあります。

傲慢に振舞うことで立場が上であることをアピールしようって人たちです。

どの道、人間として小さい連中なのでまともに相手をする必要はありませんがこうでもしないと楽しく生きていられない悲しい人なのでしょう。

耐えられるなら無視しましょう。

転職を検討する前に職場でいじめられた時の対処法  ここからkkk

ここでは、まずいじめやパワハラを受けている時に転職を検討する前にできることを紹介します。

必ずしもこれが有効ではなく、退職するのが一番の解決策であることも多分にあるので耐えられないと思っているなら退職や転職を検討しましょう。

我慢し続けるのは一番悪い手段です。

職場の上司など管理職に相談する

いじめやパワハラを受けていると思ったらまずは加害者ではない他の管理職に相談して何かしらの対応を求めるのは初めの行動としていいと思います。

まともな会社なら何かした対応をするはずですが、いじめやパワハラは非常に大きな問題になるので会社側としてその事実を認めない事があります。

その時のためにも証拠を取れるなら取っておくことをおすすめします。

ボイスレコーダーや紙、パソコン内のメモ書きなど些細な事でもメモや録音などで保存しておくことが重要です。

メモに書くべきことの中でも重要なポイントを紹介します

日時

相手

言われた内容

されたこと

いつからいつまでされているか

どんな気持ちになったか

このように証拠を保存しておけば何か争いになった時に非常に有利になります。

しかし、どうしようもない企業なら逆にあなた自身が責められることもあります。

その時は辞めてしまっていいと思います。

退職または転職する

これが一番の解決策かもしれません。

いじめやパワハラをしてくる人も会社に雇われています。

元々そういった人間性の可能性が高いとは思いますが、会社の文化的な側面が否定できない事もあります。

どっちにせよ、そのような社員を雇っている又はそのような文化を放置している管理職がいる会社がきっちりとした解決策を実行できるかどうかは疑問です。

会社の文化や人はそう簡単に変わりません。同じような人が集まりやすいと考えるべきです。

それなら、目先の問題を解決してもまた同じような問題が起こることだって考えられるのですから、そのような職場は退職して転職するのが一番の解決策だと思います。

合同労働組合が運営する安心で確実かつ低価格な退職代行【退職代行ガーディアン】
29,800円で退職に関する事をお任せできる退職代行サービスです!
申し込みは全国どこからでもLINEで対応が可能!

東京都労働委員会認証の法人格を有する合同労働組合なので安心して任せられます。


 

労働基準監督署など公的機関に相談する

非常に時間がかかる上に手続きも面倒で実際に対応してもらうためには証拠も必要だったりと、かなりの労力がかかることを覚悟しなければなりませんが、実際にいじめやパワハラの事実が確認できれば会社に労働環境の是正などを勧告してくれます。

労働基準監督署の労働相談コーナーでは職場でのトラブルなどの相談をする事ができます。

全国各地に拠点があり、各都道府県の労働局や労働基準監督署内379ヵ所に設置しているので何かあったらまずは相談してみていいと思います。

部署異動を申請してみる

部署異動を申請して、その職場から抜け出す方法もあります。

最も手軽で簡単な方法です。

ただし、同じ会社にいるかぎり、いじめている奴らと顔を合わせることもあるかもしれません。

こういったリスクもあるので、私としては転職する方法がより確実にいじめから解放される方法となります。

転職するまでの間の時間稼ぎとして部署異動申請するのもありですね。

いじめを受けたら転職すべき理由

いじめられても話し合うで和解できる?

職場でいじめられると何も良いことはありません。

話し合いで解決したりはしませんし、いじめをしてくる人たちと仲良くなるなんてのは期待できないです。

学生時代にいじめっ子と何かをきっかけに仲良くなった経験がある人はいるかもしれませんが、お互いにもう子供ではありません。

考え方も固まっており、その上でどうしようもない人間なのですから。

仕事のモチベーションが低下する=時間の無駄

仕事でいじめや理不尽ないちゃもんを受けていると、そればかりが気になったりして注意力が低下しミスが増えます。

そして、それをいじめの主犯格にぐちぐちと言われ、モチベーションが下がると言った負の連鎖が起こります。

(いじめを行う側はこうして、洗脳することを目的にしていることがあります。)

こうした気持ちで仕事をしていても、何も身につかないため全く自分のためになりません。耐え抜いても得るものはないため、さっさとそんな職場はやめて転職すべきでしょう。

不快でも争うのは時間の無駄

いじめを受けていると当然気分は悪いです。

反論したり、仕返しして相手に改善を求めたりする事は話が通じるまともな人間ならいいのですが、幼稚ないじめをやってくる人間となると話が通じないまともではない人間に該当することも多いのでこの手法は有効ではありません。

相手を変えることが出来ないなら自分が変わるという選択が浮かびますが、いじめをやってくる側に媚びたりするのは相手の思うつぼです。

つまり、戦うのはやるだけ時間と労力の無駄という事です。

人間関係の話なので簡単な話ではありませんが、これに関しては考えても何も良いことはありません。

放置するか、転職することで前進する方向で行きましょう。

精神的・身体的にも良くない

いじめやパワハラに耐えていると、身体的にも精神的にも良くないのは明白です。

不快な職場で耐えているとこのような症状があらわれてくることもあります。

・急性胃腸炎

・うつ病

急性ストレス障害

・適応障害

・頭痛

これらは酷いと入院を要することもあるほどの身体からのSOSなのでここで無理して体調を崩してしまっては元も子もありません。

更にこの経験がトラウマになり、一生心に傷を負う可能性もあります。

これらの症状が起こる心的外傷後ストレス障害(PTSD)や急性ストレス障害などになると、通常時は普通に仕事をしていても、ある時何かをきっかけにその辛いいじめやパワハラの経験を思い出し精神的に不調をきたします。

いじめで命を落とすことになってしまう可能性がある

今はまだ耐えられると思っている方も、いつまで耐えられるか分かりません。

世の中には職場でのいじめやパワハラを中心に職場の人間関係が辛くて自殺やその手前に行くことだってあります。

このような事態になってからでは遅いです。

まともな判断ができるうちにそのいじめ、パワハラなど腐った人間関係に囲まれた環境から脱出しましょう。

いじめやパワハラをしてきた相手に仕返しする方法

退職したり転職した後になると、前職の人は他人になるので仕返しをしたりしても特に得るものはありませんがどうしても憎いなら今までに受けたいじめ、パワハラなどの嫌がらせを弁護士や警察、労基署に相談するなどする方法はあります。

時間や場合によって費用もかかってしまう上に特に得るものはないのでおすすめはしませんが、案件によっては相手が解雇になったり損害賠償請求ができることもあるので弁護士に相談してみるといいかもしれません。

ただ、基本的にはそこに使う時間を新しいスキルの習得など生産的な事に使った方がいい気がします。

結論 いじめやパワハラを受けているなら退職・転職したほうがいい

今までに、いじめやパワハラを受けているなら退職・転職した方がいいと説明をしてきました。

相手をすればそこから相手は調子に乗り始めます。

相手にせず、黙って退職するのが一番穏便で有効な方法です。

もちろん、いじめやパワハラを受けている人は悪くありませんし退職・転職は一連の流れで本人にも面倒な手間がかかります。新しい職場がどんな環境かもわかりません。

少なくとも、今の職場で起こっている事を回避するためには有効であることと上司たちもいじめやパワハラが起こっていてもまともに管理できない職場という事なので簡単に解決は見込めないでしょう。

退職の意思を伝えるための退職代行サービスもあります

まだ、退職する意思を職場に伝えていない人で上司が怖くて直接伝えるのは気が向かないといった場合や退職の意思を伝えたら上司が怒ったりして円滑に退職させてくれない場合は退職代行サービスもあります。

ここで紹介する退職代行サービスはどれもしっかりとした法律を守った運営元が行っているので安心して退職の意向を伝えるところか交渉や手続きに関する事まで任せる事ができます。

お金はかかってしまいますが、退職の意思を伝えにくい環境下にある方も一人で抱え込まずに退職代行サービスの利用をおすすめします。

労働組合が運営で低価格の退職代行を提供【退職代行ガーディアン】

合同労働組合が運営する安心で確実かつ低価格な退職代行【退職代行ガーディアン】
29,800円で退職に関する事をお任せできる退職代行サービスです!
申し込みは全国どこからでもLINEで対応が可能!

東京都労働委員会認証の法人格を有する合同労働組合なので安心して任せられます。

強み:簡単 (弁護士のような職務規定無い)、低費用(一般法人と同じ人件費水準)、確実(労働組合法6条で労働者のための代理交渉OK)


是非ご検討ください。

弁護士のサポートにより幅広い手続きを代行可能【退職代行NEXT】

こちらは弁護士が全面的にサポートする退職代行サービスで、「雇用契約の解除」といった法律上の手続きを合法に代行させることができます。

弁護士のサポートを受ける退職代行サービスなので退職の手続きのみならず、それらに関する未払い残業代、 有給取得や退職金を含む給与等の請求やトラブルについてもスムーズに対応を行うことが可能です。

退職のお悩みを法律相談のプロに任せて解決!退職代行NEXT

ただ退職するだけで終わらなさそうな環境にいる方や弁護士に任せて綺麗に退職した先の事まで済ませたい方はこちらをお勧めします。


けーじぇい

底辺の運送屋です。今の生活を少しでも豊かにするために、日々儲けそうな話に手をだしています。現在は携帯電話のMNPでのお小遣い稼ぎ、キャッシュレスポイント還元等に広く浅く手を出しています。

けーじぇいをフォローする
退職
この記事を興味もちましたらシェアしてください!
底辺からの副業~携帯乞食・ポイ活からITエンジニアへ転職~

コメント