初めてのMNPでの稼ぎ方のまとめ!

初めてしまえば簡単に出来る副業 自力で稼ぐ! 税金や稼ぎ方の紹介も!

 

けーじぇいです。最近は携帯乞食以外にも色々なことをしてお小遣い稼ぎを模索しているのですが、自分でも調べてみた結果をまとめたので同じ事で悩んでいる読者の方々がいたらお役に立つといいなと思っています。

 

今回は最近話題の副業について調べてきました。そもそも副業ってどういう仕事スタイルなのかという基本的なことから、どんな種類の仕事があるのかをご紹介します。

副業って割と始めるまでがハードル高いけど始めるとすんなりできちゃいます。

 

スポンサーリンク

最初に副業について知っておくこと

 

最初に確認するべきものは、自分の会社が副業可能かどうかです。現在の日本の企業では超過労働を見抜く事が難しいので4割近くの企業が未だに副業NGになっていることが多いです。

 

しかし、数年前までは7割近くの企業が副業NGだったのを考えるとかなりの企業が副業に対して寛容になっています。

 

これは副業を導入することで社員の「スキルアップ」や「モチベーションの向上」などポジティブなイメージを持っている企業が増えたからです。

「リモートワーク」が増えた影響も少なからずあると思います。

 

次に副業で収入を得るためためのスタイルについて紹介します。

 

副業の仕事スタイル

 

収入を得るための仕事のスタイルとして働いた時間に応じて収入を得ることの出来る時給制と、仕事の成果に対して得る成果給の2つがあります。

それぞれのメリットとしては以下のような事が考えられます。

 

時給制 成果給
収入の決まり方 働いた時間に応じて決まる。 仕事をすればする程貰える。歩合制。
メリット 時間と収入が決まっているので予定や収入の目途を立てやすい。 空いた時間で働くことが出来るので自分のペースで働くことが出来る。
デメリット 時間で収入が決まるため拘束時間がながくなってしまう。 収入や働く時間が自分次第なので目途を立てにくい。
どんな人におすすめ? コロナ禍などで働ける日数自体が少なくなっている人におすすめ。 仕事などで隙間時間が多い方におすすめ。

 

今回の記事ではそれぞれの副業ではどんな仕事があるのかを調べてきました。

 

時給制の仕事は何があるの?

 

時給制の仕事はバイトのようなものが多いです。そのため未経験でも働きやすいというのが共通している点です。職場の選び方としては時間が拘束される物なので自宅の近くなど通勤時間があまり取られない仕事を選ぶのがおすすめです。また、飲食店やスーパー、コンビニなど自宅の近くであればどのような職場なのか実際に見ることが出来るのもメリットですね。

 

・飲食店

飲食店のスタッフとして働く仕事で未経験でも働きやすい職場です。基本的にはホールやキッチン、デリバリーなどの仕事を任されます。メリットとしては、キッチンであれば調理スキルが、ホールやデリバリーであれば接客スキルが身につきます。

働く日数や時間はシフト制になっていることが殆どなので、自分の希望する時間帯で働くことが出来ます。

 

・スーパー、コンビニ

スタッフとしてレジでの接客や、商品の品出し・陳列等を行う仕事です。スーパーであれば日中しか営業していないですが、コンビニであれば24時間やっている店舗が多いので早朝や夜間の時間でも働きやすいですね。

一度仕事を覚えてしまえば同じ系統の職場でも応用が聞きやすいのが魅力です。

未経験でも働きやすく、働く時間もシフト制なので自分の希望する時間で働くことが出来ます。

 

・コールセンター

コールセンターに掛かってきたお問い合わせの対応や、企業などに電話を掛け商品の案内をする仕事になっています。24時間対応のコールセンターも多いので終業後の夜間にも働く事が出来ます。しっかりとしたマニュアルが用意されている事が多いので経験が無くても始めやすい仕事とも言えます。データ入力を行う場合もあり、時給が比較的高くなっているのが大きな魅力です。

 

・倉庫での仕分け

倉庫での仕分けの仕事では、工場や倉庫でペットボトルのおまけをつける作業や、段ボールにシールを貼り付けるなど仕分けの作業になります。倉庫での仕分け作業になるので勤務時間を自由に選べることが魅力です。1日だけ働くという事も出来るので急いでお金が欲しい場合にはおすすめできます。

働き方としては派遣が多いので登録制の仕事になっています。

 

 

歩合制の仕事は何があるのか?

 

・データ入力

アンケートの情報や会議の記録などをPCに打ち込むことでデータ化する仕事になっています。

在宅可能な求人も多いので、コロナ禍で外出が出来ないため時間が余っている人や、帰宅後の時間を有効活用したい等、自分の都合に合わせて働くことが出来ます。

歩合制のため文字を打ち込む速度が早ければ案件を多く受けることが出来るので大きい収入になります。

時給制のものもあります。

 

・Webライター

Webライターは、インターネットのブログの執筆や資料を集めたりする仕事になっています。

ブログを書く仕事なので原稿1枚に対して○○円や1文字○円のように単価で計算されます。

文字を書く仕事なので自己表現のスキルを伸ばすことが出来ます。

未経験でも出来る仕事なのでとてもおすすめ出来ます

 

・アンケートモニター

アンケートサイトに登録を行い、質問やアンケートに答える仕事になっています。支払いは他の副業と違いそのサイト特有のポイントで支給されます。

質問やアンケートだけではなく、家に試供品が送られてきてそのモニターとして回答する場合もあります。アンケートに答えてポイントとその試供品が貰えると考えると大変お得です。

質問やアンケートだけだと大きな収入にはなりませんがスマートフォンだけで出来る仕事なのは大変魅力的ですね。

 

・UberEats

最近話題のデリバリーの仕事です。自転車や車があれば出来る仕事です。UberEatsでは一度会場で登録を行いその後は専用のアプリを使って仕事を行います。そのアプリでオンライン状態になっていると仕事が入る仕組みになっています。

オフライン状態だと完全に仕事が入ってこないので本当に自分のやりたい時にだけ出来る仕事です。

出来高制にはなっていますがかなり稼げるのでとてもおすすめです。

 

H3

少し特別な仕事

 

・株式投資

ある程度まとまった資金を持っている場合は株式投資にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

 

しかし、未経験でも簡単に稼げるわけではないのである程度事前に知識を付けた上で行うのが良いでしょう。

 

また、ギャンブルにも通ずるものがあるので負けを取り返そうとする人にはあまりおすすめできません。

 

株式投資では企業の最低投資額が決まっているので興味のある方は調べてみてはどうでしょうか。

 

 

20万円を超えた場合は確定申告

 

どの副業を選んだとしても副業の収入が、1年間で20万円を超える場合は課税対象となってしまいます。確定申告をすれば税金が帰ってくる場合もあるので確定申告はしっかりと行いましょう。

 

 

結局どの副業がいいの?

 

私の意見としては自分にあった副業選びが大事だと考えています。嫌々続けても長続きしませんし楽しんで行える副業が良いと思います。

 

未経験でとりあえず副業を始めたい場合は馴染みの深い未経験でも始められる「飲食店」や「スーパー」など。

 

本業の仕事に活かせるような副業をしたい場合は、配達員ならば「UberEats」や自己表現の幅を増やしたいならば「Webライター」が非常におすすめです。

 

自宅で仕事をしたい場合は、「データ入力」や「アンケートモニター」がおすすめです。

 

また、自分の職業と全く逆の仕事を選んで自分の新たな可能性を見つけるのも良いと思います。

 

紹介したほかにもYouTubeやブログなどのアフィリエイト収入などフリーランスで始められることから起業を行うのも趣味に繋がりますしとてもおすすめ出来ます。

 

副業は自分のキャリアアップやスキルの習得など自分の成長に繋がります。自分に合った副業を見つけて是非チャレンジしてみてください。

私も本業の傍、色々な事を模索し続けています。

けーじぇい

底辺の運送屋です。今の生活を少しでも豊かにするために、日々儲けそうな話に手をだしています。現在は携帯電話のMNPでのお小遣い稼ぎ、キャッシュレスポイント還元等に広く浅く手を出しています。

けーじぇいをフォローする
副業
この記事を興味もちましたらシェアしてください!
底辺からの副業~携帯乞食・ポイ活からITエンジニアへ転職~

コメント